安全に使うための基礎知識|失意の先に見える光|薄毛治療で悩みから解き放たれる

失意の先に見える光|薄毛治療で悩みから解き放たれる

夫婦

安全に使うための基礎知識

メンズ

副作用に注意する

頭皮に塗って使用する発毛剤には、発毛を促す有効成分が配合されています。薄毛を予防する効果が高いことから、人気の発毛アイテムです。育毛剤の場合はあくまでもスキンケア商品なので、塗っても抜け毛が減らない場合があります。しかし、発毛剤は有効成分の働きで細胞分裂が活性化し、新しい髪の毛が発毛します。育毛剤であまり効果がなくても、発毛剤ならしっかり発毛します。ただし、発毛剤は効果が強い分、刺激も強くなります。医薬品を配合している発毛剤なら副作用が起こることもあります。よく起こりやすい副作用には、かゆみ、かぶれ、頭痛、倦怠感などがあります。発毛剤を塗って何らかの異変が起こったら、使用を控えることが大切です。

薬局と医療機関

「ミノキシジル」は発毛剤によく配合されている医薬品です。ミノキシジルがどのくらい配合されているかで発毛効果も違ってきます。ミノキシジル発毛剤には薬局で購入できるものと、処方箋が必要なものがあります。市販品の場合、薬事法により配合できるミノキシジルの濃度が制限されています。一番濃度が高いもので5%です。薬局では5%以下ですが、医療機関を受診して医師の許可が下りれば、それ以上の物を手に入れることができます。発毛剤は発毛外来やAGA外来などの薄毛、抜け毛、脱毛の治療を専門的にしている医療機関で手に入ります。薄毛治療をしていても発毛剤を処方していない医療機関もあるので、事前に確認することをお勧めします。